Marilyn-Manson-The-Pale-Emperor
Marilyn Manson / The Pale Emperor (2015)

Marilyn Mansonによる、9thフルレングスアルバム。
私はビクターエンタテインメントよりリリースされた【完全生産限定盤/3曲追加/超豪華特殊パッケージ/SHM-CD】なるものを店頭で購入した次第で、
SHMと言うものは殆ど眉唾物な気がするし、ボートラも基本良くは思わないタイプで、購入動機は単純に直ぐ聴きたかったからであるが、
今でも彼の音楽に期待しているのが、少し感慨深い。

私のHR/HM史の入口は彼であった。高校1年生時、当時の友人が私に聴かせてくれたのだ。
また同時期に別の友達が筋肉少女帯のベスト盤を聴かせてくれたので、厳密に言えば私のHR/HM史の入口はMarilyn Mansonと筋肉少女帯となるが、
ただ新しく、世界が変わったように思った、HR/HMではずっとその両者を聴いていた。

その後高校の2年で中途退学して、何もなく途方に暮れていた頃にTSUTAYAで出会ったPink FloydやMetallicaが、半ば死にかけていた私の精神を救い、そして漠然とした音楽好きの萌芽をすくすくと育ててくれ多少音楽について解るようになり、また同時期にバンドを始めて、他の色々な音楽についても諸々を吸収して、
そこから更に進んだ時分にAmazonで買ったCathedralのベスト盤、ブックオフにて入手した1349のRevelations of the Black Flameや、ヤフオクで1円のParadise LostのHostにて、この世界のアンダーグラウンドに興味を持ち始め、
18歳にて前々職(底辺の文章作成業務)に勤め始めた頃に、なんとなく店先で買ったCryptopsyのセルフタイトル盤辺りから、大体好きな方角が定まってきて、このブログで紹介しているような方面へズブズブと嵌まりだした次第だ。
それで、嵌りだしてからは一日に一枚以下のペースでなんとなく今まで聴いてきたが、その諸々を経過した上で、今でも彼の音楽に期待しているのが、少し感慨深い。
恐らくこれが懐古で、バンドに対する思いで補正なのだろう。私の人生の際限のない眩い時期は高校1年から2年の中退する迄にあり、その時に聴いていたバンドだから、今でも大好きなのだろう。

身の上話もこの辺で切り上げて、いよいよ本作について述べて行こうと思う。

9作目と言うことだが、今回は初期路線を踏襲した前作と比べるまでもなく、過去のどの作品からも独立された、彼の生生しい香りが醸し出されている。
♯2は前作からの流れを汲んだ音で在るように思うが、そのような音楽を全編に期待して本作を手にすれば少し肩透かしを喰らうだろうということだ。

落ち着いたMuseみたいなオルタナであったり、Lana Del Rey然としたサッドコアであったりイノセントな感覚であったりが、幽かに重く暗いMarilyn Mansonの音を通して流れ出る、
今までの道化ではない人間の生々しさ、それが彼の精神の根底に口づけをしたかのように、色っぽく悲しげに歌われる、モダンな彼流のブルースの数々が本作には収められている。
また、ボーナストラックではJohnny Cashのようなカントリーブルース要素を漂わせるので、総じてそういったようなオヤジ臭さがある。

つまり46歳のBrian Hugh Warner氏等身大のリアリズムが、此処に来てゆらゆらと描き出される訳であり、
私として正直に言ってしまえば Holy Wood 以降の作品の中では一番良いと思う。

Portrait Of An American Family やMechanical Animals に通ずる聴きやすさと、先の46歳のBrian Hugh Warner氏等身大のリアリズムに胸を打たれることはまあ無いかもしれないが、
いつになく確りと心に残る音が響き渡っているので、兎に角Marilyn Mansonが好きな方であれば、きっと本作も好きになるのではないだろうか。

Twiggy Ramirez氏、言わばバンドの核が作曲に関わっていないと言うことで、これは番外編的音像なのか、これからのMarilyn Mansonの音像なのかは、良く判らないが、良く出来ている。
また、ベートーベンであれば第九であるので、彼がそういったものにシンパシーを感じる人物であれば、これが最終作となる可能性もあるだろう。(ない)
兎に角落ち着いてはいるが、ポーズもしっかりとしていて、何がやりたいのかが良く判らないと言うことは無いので、ファンなら間違いなく買いの一枚に仕上がっている。意外に。

曲目は、

1. Killing Strangers
2. Deep Six.
3. Third Day Of A Seven Day Binge
4. The Mephistopheles Of Los Angeles
5. Warship My Wreck
6. Slave Only Dreams To Be King
7. The Devil Beneath My Feet
8. Birds Of Hell Awaiting
9. Cupid Carries A Gun
10. Odds Of Even
11. Day 3 [deluxe edition bonus]
12. Fated, Faithful, Fatal [deluxe edition bonus]
13. Fall Of The House Of Death [deluxe edition bonus]

♯2はyoutubeにリンクしてあります。