7c809427d2
Abnormality / Mechanisms of Omniscience (2016)

USはマサチューセッツ州マルボロのテクニカル/ブルータルデスメタルバンドによる2ndフルアルバム。
USブルータルデスの巣窟Sevared Recordsから、Metal Blade Recordsへの移籍作となっている。
また本作からギターの片割れが交代している模様。

Corpsefucking ArtやSyphilic等の間口の狭いバンドを擁するSevared Recordsから、わざわざオーバーワールドな世界まで這い出し産み落とした本作の音像は、
暴虐性の幻視によるマトリクスとその独創性が際立つ快作、また女性ヴォーカリストの在籍するテクニカルブルデスとして注目を集めた前作と比較すれば、
いかんせんこじんまりとしてしまった作風であるようだ。

尤もそれは、アートワークを含めアングラブルデスとしての総合的な芸術性の高さを求めた、
ポストCattle Decapitationを捜索、育成するMetal Blade Recordsの気概が窺える、バンドの音楽的変遷の上でそうなってしまっていることのようでもある。なので一概に劣悪な作品とも言い切れないから面白い。

内実として、Blood Red Throneや近年のSuffocationを彷彿とさせる緻密でメロウな単音リフにより劇的な展開をたたえていた前作から、
先ず冒頭のCattle Decapitationのような、サイバーグラインド然としたブラストビートによりその一念は確固としたものになるのだが、
有り体に言えば緻密な単音リフとグルーブリフを織り交ぜた技巧的なスタイルは、どことなくDying Fetusを彷彿とさせるところも在りスリリングだ。

そんな中でもやはり、デス声の女性ボーカルことMallika Sundaramurthy女史による男勝りで強靭な歌唱や、音切り際での微かに艶めかしい掠れ声がバンドに個性を持たせており、
前述のバッキングとの相性も抜群で、本質的に何かしらの魅力を感じさせるアンサンブルと成っているのではないだろうか。

♯5での矢継ぎ早に繰り出される展開と、その上での破滅的なギターソロなんかにはNileの暴虐性を感じさせるし、
純然たるテクニカルブルデス曲の間に、不穏なインストゥルメンタルを組み込む展開に、アルバム全体を通して聴かせる配慮等もある。
アルバムのラストを締める♯10での大仰な展開はレーベルメイトとなったRivers Of Nihilに類するドラマ性すら在るのだが、
やはりこのように比較対象が多いだけ、音像もこじんまりしていることの裏付けとなってしまっているのは否めない。

間口の狭い世界で愛でられていたバンドが、オーバーグラウンドな世界の領域を侵し初めに直面する壁として、
どう自己のアイデンティティを確立するかというのはあるものだが、
昨今の芸術性至上主義のバンド蔓延るデスメタル界隈に於いて、この堅実なアプローチは逆に今後を期待させるもので、
敢えて女性ボーカル特有の軽さを活かしDying Fetusや昔のSuffocation等とのバッキングとの合わせ技を決めてくる、
少し見抜き難い良さのあるバンドのその堅実な第一歩であるだけ、今後化ける可能性の秘めた2ndとして唾をつけておくのもまた一興では。

曲目は、

1. Swarm  03:17
2. Synthetic Pathogenesis  03:38
3. Mechanisms of Omniscience  03:33
4. Catalyst of Metamorphosis  02:01   instrumental 
5. Vigilant Ignorance  06:00
6. Irreversible  03:34
7. Hopeless Masses  03:47
8. Assimilation  02:53   instrumental 
9. Cymatic Hallucinations  04:27
10. Consuming Infinity  05:44

total 38:54  

♯5はyoutubeにリンクしてあります。


オフィシャルサイト